2008年09月16日

オトナの修学旅行-おまけ

「水木しげるロード」お土産編。

スタンプラリー完走証です!
鬼太郎-15
炎天下の中、がんばった証です!

これはクリップです。
鬼太郎-16
鬼太郎、ねこ娘、目玉親父など8人の妖怪。
かわいいので、使えそうもありません。
今は机の前に飾ってあります!
posted by bokurui at 14:45| Comment(0) | TrackBack(0) | 旅行 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年09月12日

オトナの修学旅行-8

前回の続き。

境港を後にし、再び特急やくもに乗って出雲市へ。

出雲での宿は「竹野屋」さん。
出雲大社-7
ここは出雲大社のすぐ目の前の旅館。
そして“竹内まりや”さんのご実家だそうです。
大社に近いからかこの特別拝観の期間は人気だそうで、
タクシーの運転手さんが「よく予約ができましたね〜」とのこと。
近いにこしたことはないと、
探しに探してやっと見つけた「空室」です。

今回、遥々出雲大社まで来たのは、
「平成の大遷宮」により、60年に一度の特別拝観が行われるため。
次の60年後を考えると、もうこんな機会はないと思い、
今回が最初で最後のチャンス!
事前に往復はがきで整理券を申込み、
張り切ってきたのです!

参拝時間になると混むだろうなということで、
せっかく近くの宿なのだから、特別拝観前の
早朝にまず参拝することに。
朝5時過ぎには旅館を出て、いざ出雲大社へ。

正門鳥居には早朝にも関わらず人がちらほらと。
出雲大社-1

そして、参道を進んでいくと突然すごい行列が!
寝袋で休んでいる人、折り畳み椅子に座っている人など。
まだ朝の5時ですよ!
この列は、事前の往復はがきによる整理券を持っていなく、
当日券の配布を待っているのです。
ざっと200人くらいはいたでしょうか?
私は事前に整理券を持っていたので、
この方たちには申し訳ないのですが、
どんどん中へ。

これは後ほど拝観する御本殿です。
出雲大社-2
写真で見るよりも、実物はかなり大きいですよ!

そしてこれは特別拝観の待機場所。
出雲大社-3

そして拝殿で参拝をし、御本殿の外側をぐるっと一周。

それから向かったのがこの神楽殿。
出雲大社-4
この大きな注連縄の先にコインを投げ上げると
ご利益があるとか。
これは絶対にやってみなくてはいけません!
簡単にコインが刺さると思っていたのですが、
意外に難しかったですね・・・。
何度目かにやっとささりました。
ご利益はあるのでしょうか?

これはその注連縄のアップ。
出雲大社-5
コインがわかりますか?

そして出雲大社の一角に建っていたのが
菊竹清訓氏設計の出雲大社庁の舎(1963年竣工)。
出雲大社-6

ゆっくりと参拝をし、7時ごろになって、
朝食を取ろうと旅館へ向かう途中に、
先程の整理券配布の行列が
も〜っと増え500人ほどに!
びっくりでした。

そして朝食も終え、特別拝観の時間になり集合場所へ。
御本殿の天井には「八雲之図」が色鮮やかに描かれていました。
もっとゆっくりと「八雲之図」を見たかったのですが、
ほんの数分であっと言う間に終わってしまいました。

帰りには「えんむすび」のお守りを買ってきましたよ。
ご利益がありますように!
posted by bokurui at 17:11| Comment(0) | TrackBack(0) | 旅行 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年09月11日

オトナの修学旅行-7

前々回の続き。

境港の「水木しげるロード」には120体の妖怪のブロンズ像があります。
その中からちょっとご紹介。

まずは有名な「こなき爺」。
鬼太郎-8

これは赤ん坊の鬼太郎と目玉おやじ。
鬼太郎-9

ちょっとかわいい感じの「毛羽毛現(けうけげん)」。
鬼太郎-10

これもかわいい「コケカキイキイ」。
鬼太郎-11

ブロンズ像は想像していたよりも小さなものでしたが、
本当におもしろいです!
見た像すべてをカメラにおさめてきました。
数えてみると120体のうち109体を撮っていましたよ。
全部撮ったつもりだったのですが???

そしてブロンズ像の他にも、いろいろなところに妖怪が!

外灯が目玉おやじ。
鬼太郎-12

そして「ねこ娘」に会いました!
女性警察官がねこ娘になり、パトロールをしているんですよね。
鬼太郎-13

これは「一反木綿」のいか焼き。
鬼太郎-14
この他に妖怪の形のパンや、目玉おやじの和菓子など、
面白いものがたくさんありました。

そしてスタンプラリーの完走を目指して、
子供に混じり、スタンプを押す列に並びましたよ。
そして見事完走!
最後に「完走証」をいただきました!
posted by bokurui at 10:06| Comment(0) | TrackBack(0) | 旅行 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年09月09日

オトナの修学旅行-6

前回の続き。

倉敷の次は“妖怪のまち境港”へ。
ここは「水木しげるロード」がある町。
ゲゲゲの鬼太郎をはじめ、たくさんの妖怪を楽しめる町。
旅行の目的は60年の一度の出雲大社の特別拝観だったのですが、
いつの間にはメインはこの境港に!?

倉敷からは特急やくもに乗り、まず米子まで。
そこから乗り換えて境港へ。
米子から境港をつなぐ列車はなんと妖怪の絵が描いてあるんです。
私が乗った列車は「ねずみ男」バージョン。
鬼太郎-1

これは帰りに乗った「鬼太郎」バージョンの車内。
鬼太郎-2

そして米子から境港までの間の各駅には
本当の駅名とは別に妖怪の名前が付けられていました。
「こなきじじい駅」や「べとべとさん駅」「砂かけばばあ駅」など。
境港に着く頃にはすっかりノリノリな気分!
すごい徹底ぶりですよ。

そして夏休みということもあり、たくさんの人!
駅の中も人でいっぱい。

まず駅にある観光案内所で「妖怪ガイドブック」を購入。
この本には町の地図と、そこに配置されている妖怪の説明。
そしてスタンプラリーの台紙付き。
「水木しげるロード」に置いてあるスタンプ36個を
すべて集めると「完走証」がいただけるのです。
これは是非完走しなくては!

そして駅を出るとそこはもう妖怪の町。
すぐそこには水木しげるさんと鬼太郎・目玉おやじ・ねずみ男が!
鬼太郎-3

そしてその隣にあるポストにも鬼太郎を発見!
鬼太郎-4

こんな感じでいたるところに妖怪がいましたよ。
「ここにも!」「あこにも!」って見つけるのが楽しかったですね〜。

たくさん面白い妖怪の写真を撮ってきたので、また後日アップします!
posted by bokurui at 14:07| Comment(0) | TrackBack(0) | 旅行 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年09月08日

オトナの修学旅行-5

前回の続き。

広島を後にし、倉敷へ。
倉敷の美観地区へ駅から歩いて向かいました。
倉敷-1

お土産屋さんを覗きながら、大原美術館へ。
音声ガイドを借りてゆっくりと見てきました。

そしてその中には陶芸家の河井寛次郎氏の作品も!
この方は、以前このブログで紹介した
金沢市の武蔵ヶ辻近くのおでんや「ゑびす」のお母さんに
教えていただいた陶芸家です。
「とてもすてきな作品なのよ!」と聞いていたので
この“河井寛次郎”という名前を見たときに
わくわくどきどきしながら作品をみました。
本で見るよりも実際にみると小ぶりな感じ。
本当にすてきな作品でした!

そしてぶらぶら歩いているとすご〜い物を発見!!
倉敷-2
屋根にたくさんの“ビクター犬”。わかりますか〜?
数年前にはもっと数が少く、地上に並べてあったようなのですが、
今は屋根の上にすご〜い数。
みんな同じ方向に首を傾けていますよ。
倉敷へ行かれる方は必見!
posted by bokurui at 15:21| Comment(0) | TrackBack(0) | 旅行 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年09月05日

オトナの修学旅行-4

前回の続き。

宮島の次は広島市へ向かうことに。

行きは広島から電車を乗り継ぎ、宮島口へ。
そこからはフェリーに乗って宮島へ行ったのですが、
帰りも一緒のルートじゃつまらなということで、
「世界遺産航路」という船に乗って広島を目指すことにしました。
これは宮島と平和記念公園という世界遺産から世界遺産を結ぶ航路。

ちょっと小さめな船でしたが、水面近くを走る感じがまた楽しい!
所要時間は約50分。
瀬戸内海の島々を眺めながら広島市内へ。
平和記念公園、相生橋、原爆ドームと見ながら広島へ上陸。
船から見た平和公園は、楽器の練習をする人、絵を描く人など
市民の憩いの場としてもとても良い公園のようでした。

そして今度は徒歩で平和記念公園へ。
まず向かったのは原爆ドーム。
原爆の威力のすごさ、悲惨さを痛感しました。
広島-1
そしてすぐ近くに2009年3月31日に閉場予定の
広島市民球場がありびっくり!
球場ってもっと郊外にあるものと思っていたのですが、
こんな街中にあったなんて!

平和の時計塔。
広島-2
原爆ドームから歩いてここまで来たときに
突然時計から大きなチャイム音が。
偶然だったのですが、原爆が投下された時刻8:15でした。
この時計塔は毎日8:15に音が鳴るそうです。
時計の針は8:15指しているのですが、わかりますか?

これは平和の鐘。
広島-3

原爆の子の像。
広島-4
周りにはたくさんの折鶴が捧げられていました。
そういえば中学生の時に修学旅行で訪れた際、
学校で鶴を折りましたね〜。

そして広島平和記念資料館。
広島-5
1955年竣工のこの建物は、いわずと知れた丹下健三氏の初期の作品。
平和大通りに直交するように
この資料館と慰霊碑、原爆ドームは一直線に計画されています。
実際にこの場に立ち、資料館の力強さと、
景観軸のすばらしさにはただ圧倒されました!
やはり “自分の目で実際に見る” ということは
とても大切なことですね!

そしてなんといっても広島といえばお好み焼き。
広島に来たからには絶対に外せない!ということで食べましたよ〜。
街の中をブラブラしながら見つけた一軒へ。
おいしかった〜。お腹いっぱい!
posted by bokurui at 11:59| Comment(0) | TrackBack(0) | 旅行 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年09月04日

オトナの修学旅行-3

前回の続き。

厳島神社の中へ。
この厳島神社はご存知のとおり、海の中に立っています。
干潮になれば土台部分があらわになり、
満潮になれば土台は隠れてしまいます。
そして基礎は地中に埋め込まれているのではなく、
海底に置かれた礎の上に乗っているだけで、
建物の自重でもっているそうです。
すごいですね〜。

宮島-6
これは高舞台。

宮島-7
回廊の床。
高潮の時に下から押し上げる海水や、雨水を海に逃がすため
床には目透かしが施されています。

宮島-8
能舞台。
重要文化財に指定されている5つの能舞台のひとつ。
海に浮かぶ能舞台は全国でここだけだそうです。

宮島-9
五重塔。
朱が鮮やかでした。

宮島-10
こちらは厳島神社横の高台に建っている千畳閣。
畳が857畳分の広さがあることからこの名前がついたとこのと。
豊臣秀吉が戦没将兵の供養のため建立に着手したけれど、
完成前に秀吉が亡くなったため、未完のまま現在に至っているそうです。

宮島-11
千畳閣の内部。
未完のため、壁は存在していません。
そのため、8月のあつ〜い日中でも、
この中はとても気持ちのよい風が吹き抜けていました。

そして宮島といえばもみじ饅頭!
こしあんだけではなく、色々な種類が売っていたので
やはり食べてみなくてはということで、
クリーム、レーズン、チョコレート、チーズの4種類を買いました。
意外にもチーズが好きでしたね〜。
ちょっと洋風な感じのもみじ饅頭でした。
また食べたい!

posted by bokurui at 10:24| Comment(0) | TrackBack(0) | 旅行 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年09月03日

オトナの修学旅行-2

金沢から電車を乗り継ぎ、乗り継ぎ、乗り継ぎ、
広島の宮島口駅に到着。

駅を降りるとすぐ目の前には宮島行きのフェリー乗り場。
そこから宮島を目指しいざ乗船!
宮島-1
「宮島ってどこだろう?」と思いながら景色を楽しんでいると、
対岸に厳島神社の鳥居が見えてきました!
宮島はもっと遠くにあると思い込んでいたのですが、
なんと船に乗り込んだときから目の前に見えていた島が宮島でした・・・。

ウキウキしながら上陸するとそこには人!人!!人!!!
観光シーズンだったため、観光客でいっぱい。
そんな人々に紛れてシカを発見。
宮島-2
テレビで見ているよりおとなしい感じがしましたよ。
暑い夏の真昼には、やはりシカも行動的ではないのでしょうか?

そして厳島神社を目指して歩いていたのですが、
まずは昼食をとることに。
宮島はアナゴ飯が有名とのことなので、
アナゴ飯をいただきましたよ。
おすし屋さんで食べるアナゴよりあっさりしていて
おいしかったですね〜。

お腹も満たされてまた神社を目指し歩き始めたのですが
「いかがですか〜 どうぞ〜 どうぞ〜」と呼びかける声が!
何かと思えば鳥居の下をくぐる船の案内。
せっかくだから乗ってしまえ!ということで急遽乗船。
それは小さな十数人乗りの手漕ぎの舟でした。
宮島-3
鳥居の下を通っているこの船です。

船頭さんの解説に耳を傾けながらいよいよ鳥居の下へ!
宮島-5
これは鳥居の真下からの写真。

そして海の上からの厳島神社。
宮島-4
約45分の周遊でしたがとても楽しかったです!

その後は陸から神社の中へ。

文が長くなったのでまた後日。
posted by bokurui at 09:40| Comment(0) | TrackBack(0) | 旅行 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年09月02日

オトナの修学旅行-1

8月中旬、60年の一度の出雲大社の特別拝観へ行くついでに、
せっかく遠い所までいくのだからと、いろいろ周ることに。

金沢−島根ルート近辺の名勝をピックアップし、厳選した結果、
宮島→広島→倉敷→境港→出雲というルートに決定!
宮島→広島→倉敷といえば中学生の時に行った修学旅行と一致。
「そういえば行ったな〜」くらいの記憶しかありませんが・・・。

山下裕二×赤瀬川源平著「京都オトナの修学旅行」の本の帯には
「コドモの時は、あんなにつまんなかったのに・・・」とありますが、
まさに今回の旅行はそんな感じでした!

旅行の間、晴天続きでとてもきれいな青空の写真がたくさん撮れたので
また後日アップします!
posted by bokurui at 09:49| Comment(0) | TrackBack(0) | 旅行 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年08月19日

ゲゲゲ

先日、60年の一度の出雲大社の特別拝観へ行ってきました。

その途中でちょっと寄り道をして、
鳥取県境港市にある「水木しげるロード」へ。
その通りには鬼太郎をはじめ、
たくさんの妖怪のブロンズ像があり、
とってもたのしいところでしたよ。

その中で見つけたのがこの像。
倉ぼっこ
「倉ぼっこ」といって古い倉に棲みつく妖怪で、
火事や地震などの災害から倉を守る神様ともいわれているらしいです。

この像を見てびっくり!
うちの事務所の中にもそっくりな人物がいたような!!!???
災害から守ってくれるといいな〜。
posted by bokurui at 13:29| Comment(0) | TrackBack(0) | 旅行 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。