2007年05月21日

S−55

題名 ジャスミンの花開く
   中国映画

   あの名画*初恋の来た道*のチャンツィー主演
   この映画は自由な上海時代、文化大革命の時代を経て
   現代に至るという3部作で構成されている。それぞれの
   時代背景の中で、幸せと不幸せを繰り返しながら女性たちが
   力強く生きていくある意味鬼気迫る物語だ。
   到底男は敵わない。
   特に男に捨てられながらも 誰もいない驟雨の橋の上で
   たった一人で出産するシーンは壮絶の一言。
   気の弱い男性は見るべからず。

   満足度 79点
posted by bokurui at 08:32| Comment(0) | TrackBack(0) | シネマ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年04月26日

S−54

題名 キンキーブーツ
   イギリス映画

   実話 出だしはこうだ 黄昏た靴工場(プライス社)の
   社長が急死 その息子が後継者になる。従業員の前で
   就任の挨拶をするがどうもぎこちない。先代の残した在庫
   を捌く為ロンドンに出張の折 おかまの黒人と知り合う。
   ここがポイント 会社のピンチを救う為あるアイディアが
   ひらめく 4代続いた靴工場を廃業できないと若社長の
   プライドがはためく。ガッツ ガッツ ガッツ
   ブラスバンドに続くイギリス映画のヒット作
   なにかとても日本的 このアナログがヒューマンだ

   人生を生き抜くコツは人を思いやる事の連続だと
   この映画は教えてくれる。
   人生は重くて辛い でも楽しまなくっちゃ

   満足度 93点
posted by bokurui at 09:29| Comment(0) | TrackBack(0) | シネマ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年04月25日

S−53

題名 うつせみ
   韓国映画
   監督 キムギドク
   オートバイで他人の留守宅へ上がり込み食事洗濯睡眠
   記念撮影までやってのける愉快犯。
   ある時 留守宅だと思い侵入したのだが そこには
   傷ついた女がいた。DVの夫に嫌気がさし女は男の
   バイクに跨る。そして二人は留守宅お邪魔の生活ゲームを
   スタートさせる。
   キムギドク独特 なにしろ言葉がほとんどない
   でも心はすごくよく解る。
   彼は言っている。
   私達が住んでいるこの世が、夢なのか現実なのか
   誰にも解らない。 不思議な映画

   満足度 87点
posted by bokurui at 17:15| Comment(0) | TrackBack(0) | シネマ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年04月24日

S−52

題名 悪い男
   韓国映画
   監督 キムギドク
   全く世の中には悪い男がいるものだ。
   その男はヤクザ ソウルの色町が縄張り
   罪もない女子大生が嵌められて 地獄のような世界に
   身を落とす。ヤクザは女が客とSEXしているのを
   マジックミラーから観ている。でも男の純情 恋心
   憎い男でも母性本能がくすぐられてゆく
   人が人を想うせつなさ ここでもまた人は裸の人生を晒す
   悪い女悪い男 二人は果てしなく彷徨い流れてゆく。
   単純なストーリーだがロマンスの仕掛け方はピカイチ

   満足度 82点
posted by bokurui at 13:21| Comment(0) | TrackBack(0) | シネマ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年04月23日

S−51

題名 悪い女
   韓国映画
   監督 キムギドク
   昔の女優 内藤洋子似の主人公が素敵
   売春民宿を営む家族(夫婦女子大生男子高校生)の元に
   若い女ジナが働きに来た。もちろん仕事は売春
   女子大生は悉くジナに辛くあたる。おまけに主人と
   息子の欲望の対象になる。誰の子か解らない子供を宿し
   処理をする。客に殴られる。元の男に見つかり稼いだ金を
   横取りされる。
   凄惨な生活だ それでも売春婦ジナは悲しみの笑顔で
   健気に生きる。
   悪い女とは果たしていかに。
   鬼才キムギドクの才能が迸る問題作。

   満足度 91点 
posted by bokurui at 09:22| Comment(0) | TrackBack(0) | シネマ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年04月21日

S−50

題名 マッチポイント
   アメリカ映画
   監督 ウッディアレン
   舞台はロンドン主人公はテニスプレーヤー
   高級クラブのコーチに就職するところから物語りはスタート
   知り合った友人はセレブ その妹と付き合う事になる。
   だが彼はどうも友人の婚約者(女優の卵)に興味深々
   妹と結婚すればアイルランド出身の叩き上げの彼の将来は
   安泰だ。真面目にやればいい、そんな事解っている
   でもセクシーな女に、身体の中の蟲が疼いて納まらない。
   愛と愛欲 人間の永遠のテーマ
   話題は手を変え品を変え 永遠に尽きない。
   さすが名手ウッディアレン 目の付け所がシャープだね

   満足度 96点
posted by bokurui at 10:50| Comment(1) | TrackBack(0) | シネマ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年04月20日

S−49

題名 トンマッコルへようこそ
   韓国映画

   コミカルな反戦映画だが僕の中では名画の一つ
   物語は朝鮮戦争後半 米軍マッカサー率いる南鮮軍が有利
   北鮮軍のある部隊が逃走中 おかしな女に出会う。
   その女の村がトンマッコル
   偶然出くわした 南鮮軍の二人と北鮮軍の三人が、この村で
   睨み合いを続ける。馬鹿馬鹿しい面子の張り合いに
   村人達は無関心。だが いがみ合う彼らを暖かく包む
   貧しくても心穏やかな村人達 戦争がいかにナンセンスかを
   この映画は訴えている。この作品を観ると幸せな気持ちに
   なれるよ ほんとだよ
   本来 争い事には何の意味もない。
   真面目くさったおりこうさんが一番アブナイ。
   皆の中にもそうゆう奴 たぶんいるはずだ。
   北も南も 西も東も 白も黒も 全ての人はノーボーダー
   一見の価値あり。

   満足度 96点
  
   
posted by bokurui at 09:20| Comment(0) | TrackBack(0) | シネマ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年04月19日

S−48

題名 ロストアイランド
   アメリカ映画

   プロローグはきわめて明るい音楽眩い海辺のシーン
   やくざな船長の船に乗り合わせた幸せなドイツ人一家の
   カリブ海でのクルージングから始まる。
   愉快な船旅が海賊に襲われて無人島生活を強いられる
   ストーリー。でも妙に楽しいサバイバル生活
   ドイツ語の会話がミスマッチで面白い。
   果たして島からの脱出は出来るのか?それは観ての
   お楽しみ。典型的なB級映画

   満足度 意外に高く55点
   
   
posted by bokurui at 09:21| Comment(0) | TrackBack(0) | シネマ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年04月18日

S−47

題名 スクールオブロック
   アメリカ映画

   このストーリーは実際にはありえない。
   イケテナイ落ちこぼれのロックバカの若者?が
   友人の名を騙って 名門私立小学校の教師になる
   真面目な生徒達をロックの魅力に引きずり込むという
   まあ 何と言っていいのか 理屈ぬきに楽しめる。
   大人は子供に励まされ 子供は大人によって
   楽しむ事の愉快さを知る。
   本当は大人も子供も老人も男も女もイコールなのだ。

   満足度 69点 
posted by bokurui at 09:23| Comment(0) | TrackBack(0) | シネマ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年04月17日

S−46

題名 迷子
   中国映画

   公園でお婆さんがトイレに行っている隙に孫がいなくなり
   ただひたすら探し廻るという物語。
   何を表現したいのかさっぱり解らない
   はっきり言って 観るべからず。
   題名に魅せられて手に取ったのだが 久々の大ハズレ

   満足度 0.5点
posted by bokurui at 17:48| Comment(0) | TrackBack(0) | シネマ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。